*

2016年8月

初めてのカジノで負けすぎた

カジノ体験談

若い頃からギャンブルが苦手で、パチンコや競馬などであまり良い思いをしたことはありませんでした。そんな私が初めて本格的なカジノへ足を踏み入れたのがシドニーのダーリング・ハーバー近くにある「スターシティー」でした。仕事上の出張で1週間ほどシドニーに滞在していた際のことですが、夕食後にオーストラリア人の同僚に誘われて案内されたカジノは、まるでハリウッド映画に出てくるようなゴージャスな社交場と言った感じでした。ルーレットやバカラ、そしてブラックジャックその他は全く経験がなかったことから、先ずは日本のゲームセンターで馴染みがあったスロットマシンに挑戦しましたが、ほんの20分程で200ドルを失い、やはりギャンブルには向いてないのだと再認識させらた初経験でした。

それから数年後、シンガポール在住中に大型客船「スタークルーズ」の旅に参加した時の事です。このクルーズは、シンガポールを出発後、マレーシアのペナン島に立ち寄りながらマラッカ海峡を北上し、タイのプーケット島に上陸してから戻る船中泊3泊の船旅でした。定員1800名程のこの大型船にはプールは勿論、数々のレストランやシアターの他にカジノもありました。イヤな予感が的中したのは最後の晩でした。最初の二晩はショーやお酒を楽しんで過ごしたのですが、ついに今度こそは、の気持ちになり、また「スロットマシン」に・・・結果はシドニーの時とは大違い! たったの15分で300ドル! 5分も短い時間で100ドルも多く失うという新記録の達成です。今は心から東京にカジノが出来ない事を願っています。でもオンラインカジノはやってみたいという気持ちは少しありますよ。ぷぷ


カジノで「不思議の国のアリス」というスロットをプレイ

カジノ体験談

数年前にアメリカのラスベガスへ旅行に行きました。

ラスベガスはカジノが有名ですが、私はギャンブルにあまり興味がないのでカジノへは行かないつもりでしたが、ラスベガスのホテルはほとんどが一階がカジノになっているんです。日本ではインターネットカジノはやっていましたがほとんど負けるということも理由の一つです。

興味がなくても必ず横を通りがかることになります。

 

あるときスロットのエリアを横切ったときにふと、ディズニーの「不思議の国のアリス」の台を見つけてしまいました。あのディズニーが、まさかスロットを出しているとは。

そういう物を出さないイメージがあったのでちょっとビックリました。公式でないのでは?とも思いましたがラスベガスのカジノは優良なものばかりらしいので、たぶん公式の物だと思いました。

そして私はディズニーアニメで一番「不思議の国のアリス」が好きなので、さっそく打ってみることにしました。

 

初心者だし、あまり使いすぎたくもないのでとりあえず100ドルほど打つことにしました。儲からないんだろうなと思いつつ、それでも勝てばうれしいな~と、どこか諦めつかない気持ちで座りました。

たぶん円にしたら2000円くらいの時にピカピカジャラジャラいい始め、じわじわと出始めました。そこから大勝ちとはならずに、じわじわのペースのまま、たぶん円にしたら8000円くらいに増えたと思います。

 

大した金額ではないのは分かっていましたが、タダで増えたので得した気分になりました。そのままぼんやりと続けていたら、いつの間にか負け始めました。

じわじわ勝って行ったのに、負け方は早かったです。

勝ちのスピードの2倍くらいのスピードで、100ドルなくなりました。キリがよいのでそこでやめましたが、あのまま続けていたらどうなったのかな?